>

デートクラブとは、割り切った出会いの場

結婚相談所・出会い系との違い

結婚相談所との大きな違いは目的です。
結婚相談所は結婚を目的としているのに対して、デートクラブには様々な目的があります。
もちろん、結婚を目的に出会いを求める人もいるとは思いますが「デートを楽しみたい」と結婚よりフランクな目的が多いようです。

一方出会い系との大きな違いは、金額です。
出会い系の多くは無料アプリなど、気軽なものが多いことに対して、デートクラブの入会は何かしらの審査基準があります。
そこのデートクラブによって基準は違いますが、例えば男性であれば「年収1,000万円以上」や女性であれば「容姿端麗」など。
そして仲介に入ってくれる人がいるのも、出会い系との大きな違いと言えるでしょう。
出会い系は無料で仲介人もいないことから、口コミにサクラや実際使用したときのトラブルなどが多いのも事実です。

デートクラブに登録している人たち

男性の場合、デートクラブによって審査基準も違うため、年収についてはバラツキが見られることもあります。
高級なデートクラブでは年収1,500万円以上の人たちが多く登録しているようです。
そして職業も経営者や開業医など、お金持ちをイメージさせる職業の人たちが多いですね。
年齢層も30代~60代と、幅広い人たちが登録しています。

女性は男性とは違い、年収を問われる審査は無いようです。
職業も学生やフリーターなど、定職に就かずお小遣い稼ぎを目的としている人たちが多いですね。
また、年齢層も20代~30代までと、比較的若い人が多いのも、男性との大きな違いです。

審査基準についても男女異なっており、男性は主に年収と社会的立場が審査基準として見られる傾向があり、女性は容姿だけではなく言葉遣いやマナーなど、女性としての振る舞いが審査基準になることが多いようです。


この記事をシェアする